天然のカニ

一般的に海産物をスーパーや百貨店などで購入する場合は、天然や養殖と分類されているケースが多くなっていますが、一般的に養殖の方が安価で天然の方が高価であるという特徴があるものの、カニ通販サイトなどを見ていると天然や養殖の表記が無いことに気が付くと思います。
表記が無いということは、ほとんどが天然かほとんどが養殖かと考えることができますが、カニに関しては市場に出回っている多くのカニが天然のカニとなっていて、カニはほとんどが天然ということも、カニが高級食材と言われている理由の一つとなっています。
なぜ、養殖のカニがいないのか疑問に思う人も多くいると思いますが、カニの養殖が進まない背景にはカニ通販で販売されているカニの生態系が大きく関連しています。
カニ通販で販売されているカニの多くはもともとの生息域が深海ということもあって、養殖では同じような環境を作ることが非常に困難になっていて、仮に深海と同じ環境が作れたとしてもコストの面でかなり費用がかかるため、養殖でカニを育てると天然のカニよりかえって高級になってしまい養殖の意味が無くなります。

 

ただし、ワタリガニや上海ガニなどは比較的浅場で獲ることができるカニなので、積極的に養殖が行なわれていて、養殖のワタリガニや上海ガニは市場に多く出回っています。
しかしながら、これらのカニはカニ通販で取扱いされるカニの中では重要視されないので、あまりカニに養殖というイメージは定着していません。