食材としてのカニの歴史

今でこそカニを求めてカニの生息地である北海道や日本海の地域に足を運んで新鮮なカニを購入する人がたくさんいるものの、これは最近になってから見られるようになった光景で、一昔前まではカニが日本の食材において、そこまで価値のある食材とされていなかった時代が長らく続いていました。
カニ通販などで多く出回っているカニは高級ガニとして知られるズワイガニやタラバガニですが、これらのカニは深海にしか生息していないカニということで、昔は漁業の技術もそこまで高くなかったことから、ズワイガニやタラバガニを捕獲することそのものが難しかったのが現状でした。
漁業の技術が発展して深海に住むズワイガニやタラバガニを捕獲できるようになってからもしばらくは得体のしれないカニということで、網にかかったカニは廃棄処分されるか、地元の人に食されるケースがほとんどでした。

 

しかし、そうして少しずつ地元の人にズワイガニやタラバガニが食されるようになり、次第にカニの美味しさに気付くことになって、それからはカニが全国的にどんどん普及することになったのですが、
昔は冷凍保存の技術や運送の技術があまり無かったため、カニを食することができる人は限られていました。
それから少しずつカニの食文化が発展することになり、冷凍技術や運送技術が上がったことで、
どこに住んでいてもカニの産地からカニ通販などを通じてカニを取り寄せることが可能になり、全国的にカニの食文化が広がることになりました。